ホーム > 院内治療 > スポーツ障害治療

スポーツ障害治療

スポーツ障害の知識

スポーツ障害は、スポーツ選手にとって大きな悩みの種といえます。

スポーツ障害は医学的には「使いすぎ症候群(オーバーユース)といわれ、身体を酷使することで発生する疾患であると言えます。

運動に伴う筋肉の伸縮とねじれ、骨での衝撃吸収などでスポーツは肉体に与える負荷が大きいと言えます。

それに加えて試合までの間、練習を積み重ねていく為身体に掛かる負担は相当に大きなものになっていきます。

スポーツ障害を回避するには

適切な対処をすればスポーツ障害を回避することは充分に可能です。

スポーツ障害は、選手と指導者が一丸となって回避や治療に取り組む必要があります。

自己治療に頼りがちなスポーツ障害ですが、大事なのは正確な診断と早期の適切な治療です。“ケガや痛む部位がどうも良くならない” “いつもと違う”などの時は、早く受診することをお勧めします。

早期にきちんとした治療が行われていれば、スポーツにも早く復帰できるのが道理です。

当院ではスポーツ障害の予防、ケガの早期治療、スポーツへの早期復帰を目指し、治療の一環として身体状況(バランス)のチェックと練習方法(トレーニング)の指導、 体の手入れ(ストレッチ)法など、総合的に行っています。

治療内容

  • スポーツ障害全般
  • ストレッチ
  • 生活指導
  • 整骨
  • その他
  • スポーツ鍼灸
  • テーピング・包帯
  • 大会前後のケア
  • 姿勢調整

施術写真

 

ホーム院内治療訪問治療料金表治療院のご案内お問い合せ会社概要個人情報の取扱についてサイトマップ

▲ページの先頭へ